変態である事は幸せの象徴である

僕は仕事に、マイコーヒーを持参しています。

せっかく、ちょっと一息つくのに、会社にある、コーヒーメーカーで淹れた不味いコーヒーを飲みたくないので。

自分で淹れた美味しいコーヒーを飲みたい。その一心から、小さな水筒にコーヒーを淹れて持って行っています。

朝食時もコーヒーを飲むので、200ml程抽出して、小さいカップに朝飲む用を注ぎ残りは水筒に入れます。

その日の気分によって豆を変え、その日の気分や朝の忙しさによって淹れ方を変えます。

だから、毎日飲んでも飽きないんですね。

豆の状態や、淹れ方で味が変わる。
さらに、水筒に入れた状態で時間がたった時の

味の変化もあるので、毎日それを楽しむ。

時には、新しいブレンド開発する為に、様々な品種の豆を配合し、味を見て実験していく。

日々新しい発見や味に出会えます。

追求しても、追求しても答えのないコーヒーの世界は魅力的です。
それを毎日楽しむって幸せ。

まさに、ハタから見ると変態。

しかし変態こそ、追いかけるものを深く追求していけるので、日常にちょっとええやんを見つけやすいのかもしれない。

つまりは、幸せなのかもしれない。

--------------------------------------------
変態である事は幸せの象徴である。
by.Kota
--------------------------------------------

この言葉を流行らせたいですね。

ちょっと話がそれましたが
何かに夢中になれるって、その事を考える事で、ウキウキするからとても良い事だと思う。

マイナスな事や、嫌な事を思い出すときもあるけど、ずーっとその事ばかり、無意識に脳内ループさせると、かえってその現実を引き起こしやすくなる。

だからこそ、切り替えが大事。

何か夢中になれる事がある変態は、思考の切り替えが上手にできる様な気がします。

機会があれば、マイコーヒーを持参しよう!

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

カフェのような空気感を簡単に家で手に入れるには

初めから”出来ない”なんて言わないこと!

スペシャルティコーヒーと丁寧な時間

会社員も自分らしく生きる人も、同じ心持ちが必要。

上手くいかない人生。感情や気持ちを上手に選択できるようになれ...

何もしない時間