デイキャンプ(日帰りキャンプ)に必要な道具

春真っ盛りになり、夏が近づくにつれて

キャンプシーズンへと入っていきます。

そんな中、

今年こそはキャンプに行きたい!

という方も沢山おられると思います。

 

でも、いざテント張ってキャンプってなると.....

揃える道具も多いし、テント張れなかったら寝るところ無いし、火を起こせなかったら食事出来ないし...

 

....と、泊まりはハードルが高いという事から

 

まずは

デイキャンプ(日帰りキャンプ)で練習しよう!!

という方もおられると思います。

そこで、まず行き詰まるのが

「どんな道具を揃えればいいのか」

だと思います。

そんな初めてのデイキャンプで、

揃えたほうがいい道具達をご紹介致します!!

 

 

さらに、キャンプ用品は意外とキャンプ用でなくても

家庭で使っているものがそのまま使えることが多くあります。

この道具には、この道具で代用できる!という事も書いてありますので

「今後キャンプを続けるか分からないのに、道具を全部揃える初期投資が出来ない!」

という方はぜひ必見です♪

 

 


1.デイキャンプに必要な道具

 

 

まず、デイキャンプに必要な道具をご紹介致します。

と言いましても、BBQだけをするか、料理を作るかでかなり道具類に差が出ます。

今回は料理を作るという程で、お話したします(BBQのみだと、そこまで道具がいらない為)

 

※☆のついている道具はあったほうがいいです。

・☆折りたたみ椅子

・☆食事用テーブル

・☆クーラーボックス

・☆ツーバーナー

・☆調理器具(フライパン・鍋等)

・☆カトラリー(お箸やスプーンなど)

・☆お皿・コップ

・☆タープ(日よけ)

・☆ウエットティッシュ

・☆ハンドタオル

・☆フキン

・☆ティッシュペーパー

・☆ゴミ袋(4~5枚)

・☆調味料

・水タンク

・焚き火台・トング

・キッチン用カトラリー(お玉・フライ返し等)

・キッチン用テーブル

・ダッチオーブン・スキレット鍋

・ケトル

・ゴミ箱

 

こうして書いてみると結構ありますね....(笑)

 

やはり一気に揃えるとなると、ハードルが高いです。。。。

いざ道具を揃えようとキャンプ用品店に行くと

沢山品数もあり、物欲が溢れ、お財布が破産し兼ねます。(笑)

 

やはりデイキャンプすら程遠いのか.....

 

諦めるのはまだ早いです!

 

実は!「キャンプ用」じゃなくても

初めは「家にあるもの」で代用出来るものがあるんです。

 


2.家庭用でも代用ができる道具

 

 

「キャンプ用」じゃなくても

「家にあるもの」で代用出来るものをいくつかご紹介致します。

 

折りたたみ椅子→レジャーシートで地べた座りでOK

ツーバーナー→カセットコンロで代用可能(標高が高い場所だと、火が点かない可能性有)

調理器具→普段使っているフライパン・鍋等でOK

カトラリー→普段使っているお箸やスプーン等でOK

お皿・コップ→プラスチック製・木製の食器を使用。(割れにくい為)

タープ(日よけ)→大きいパラソル・レジャーシートをロープで木に引っ掛ける

 

少し荷物はかさばりますが、

初めてのデイキャンプで全部買い揃えるより

家にあるもので、キャンプをしながら

少しずついる道具を決めて、購入していくほうが

キャンプに対するイメージも出来上がっているので

多すぎる数の食器を買ったり、大きすぎるフライパンを買ったり

 

キャンプ用品の買い物に失敗する確率は下がります。

 

私も、普段のキャンプでは、木のお皿を2枚だけ持っていき

あとは、スキレットごと食べたり、シェラカップを取皿に活用したりしています。

 

他にも発想次第で代用できるものは沢山あると思いますので

購入の前に、代用できるものを一度考えて頂くといいかもしれません。

 

 


3.これもあったら良いな〜

 

 

デイキャンプさらに楽しむ上で、

あったらいいな~という道具をいくつかご紹介します。

 

○コーヒーミル

○ドリッパー

○ケトル

シンプルに、ご飯食べて遊ぶ!というのもいいですが、

やはり、外でも挽きたて・淹れたてのコーヒーを楽しみたいので

この3セットはあると充実します。

自然の中で飲む本格的なコーヒーは、普段飲むコーヒーよりも格別です。

一度やると、はまりますよ~~♪

 

 

 

○クーラーボックススタンド

これは、クーラーボックスを嵩上するスタンドですね。

クーラーボックスの下は結露でべちょべちょになる為

そのまま地面に置くと、かなり汚れてしまいます。

これをスタンドに置く事で

中の物を取りやすい上に、汚れも少なくて済むのでとても便利です。

クーラーボックス洗うの、意外と面倒くさいんですよ~(泣)

さらに、地面からの熱影響も少なくて済むので、保冷効果も上がります。

 

 

○小さい子がいる場合はレジャーシート又は長椅子

自分たちが座る椅子はあっても

荷物を地面以外に仮置きする場所が無い!

ってこと意外とあります。(笑)

そんな時に、レジャーシートや、長椅子があれば

その上に荷物を仮置きできる為、

撤収時、道具類をレジャーシートや長椅子の上にまとめられ

車に荷物を積み込む順番通り片付けなくても済み、

荷物の積み込みがスムーズに行えます。

また、レジャーシートや長椅子は小さい子供のおむつを交換する時にも便利です。

キャンプ場でフラットに子供を寝ころばせるスペースは、なかなか無い為

このようなスペースを作れると、とても役に立ちます。

 


4.まとめ

 

キャンプ道具はこだわりだすとキリがありません(笑)

便利なものは道具はたくさんあり、つい欲しくなります(笑)

なので、初めは「あるもので工夫してやってみよう」という気持ちが大事だと思います。

道具は便利ですが、道具ばかりに頼らず、自分たちで工夫していく楽しさもあります。

それがキャンプの醍醐味の一つなのかな、とも思います。

そうして、工夫して楽しみながら

自分たちに合った「必要な道具」を見定めていくのが

経済的にも優しく、道具の失敗も少なくて済みます。

ぜひご自身のキャンプスタイルに見合った道具で楽しんで下さい。

 

この夏、皆様のキャンプライフが最高のものになりますように♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます☆

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

減らす事から始まった

不調回復に山登り

アウトドアで変わる生活観

ブッシュクラフトというCamp Style

30歳になりました

個人事業主を提出してきました。