男のフライパンturk

つい1ヶ月ほど前に購入した
男のフライパンturk(ターク)

turkは
鉄の塊(銑鉄)から高温で加熱を繰り返し鍛造した
職人が一つ一つ手作業で造っていったフライパンです

こちらアウトドアで大活躍しています
無骨でカッコすぎる見た目と、ガンガン使える頑丈さは
最高です。

 

こんな感じで炭火でも
ガンガン調理できます


(白身魚のソテー)

購入したきっかけは、すでに友人が購入していて
一緒にキャンプをした際に
turkで調理した味に感動。
そのままテーブルに並べても絵になるカッコよさ
に一目惚れし購入をしました。

このturk
家でもアウトドアでも
大活躍中です。

とりあえず
このturkで焼けばなんでも美味しくなってしまします(笑)

1番衝撃だったのが
野菜の甘みが十分にでる事です。
フライパンでこんなに素材の味が変わるのかと
心底驚きました。

turkは蓄熱性に優れているため
チャーハンや焼きそばなどの炒め物は
いい感じで水分が飛んで、パリッと仕上がります。

焼き魚も中までしっかり焼け
表面も綺麗にムラなく焼き色がつきます。
もちろんパスタなんかも野菜の甘みが出て美味しいですよ♪

取手が長いので
アウトドアで調理するときも
火の近くまで手をやらなくていいので
安全に調理もできます。

 

そうそう!
私今まで、テフロン加工のフライパンで料理をしていたので
turkというテフロン加工されていない鉄のフライパンは
具材がひっついて、調理しにくいのではないか
と心配していたのですが

しっかりフライパン加熱して
油を引けば、そこまでこびりつきはありませんでしたよ♪

また、手入れも簡単で
テフロン加工のフライパンと違い
タワシでゴシゴシ洗えるので
多少の汚れもガシガシ落としていけます。

あとは、火にかけ水分を飛ばしたらお終い。

普通のフライパンよりも手がかかりません。

こびりついて、どうしても汚れが取れない時は
フライパンを加熱し、具材を焦がして
お箸もしくは木べらでコリっと剥がせばOKです!

turkはダッチオーブンなどの鋳鉄とは違い
鍛造なので、火にかけ水分を飛ばしておけば
錆びる事はありません。

万が一サビでも
タワシでこすればいいだけですので♪

一生モノのフライパンです。

 

確かに、ちょっと重かったり
ミトンをつけて調理したりと
デメリットもあるのですが
それ以上に、メリットが多いフライパンです。

 

ちなみに私は26センチのサイズを購入したのですが
大人2人分のパスタや焼き飯が調度作れる大きさです。

 

無骨でカッコすぎる見た目と
ガンガン使える頑丈さは最高最強ですね。

turk見ながら酒飲めます(笑)
turkで作ったつまみとturkを眺めながら酒を飲むのが至福の時間です(笑)

アウトドアでも家でも大活躍のturk
めっちゃオススメです。

 

 

 

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

自分だけの静かな時間

ダッチオーブン・スキレット鍋の弱点と対策

ブッシュクラフトというCamp Style

心地よい環境をつくり、気持ちを整えるには300円あればいい

物を捨てると楽になる

体の声を大切に聞いてあげる事は、自分も他人も幸せにする。