感動のペンタトニックスケール

ギタリストの皆さんがご存知のペンタトニックスケール。

私が初めてその存在を知ったのは大学生の事でした。

 

tab譜に書いてある事しか弾けなかった当時の私には、

この手法を覚えればアドリブが出来る!という衝撃の事実を知り

感動したのを覚えています。

 

そんな感動のペンタトニックスケールについて、

まだ知らない方に知って、感動してほしく

ブログにまとめてみました。

よろしければご参考にしてください♪

 

 

 

ペンタトニックスケールとの出会い

 

大学生の頃、友人とよくYoutubeで「char meets」

という、日本を代表するロックギタリスト''charさん''が

いろんなギタリストと会話をし、ひたすらアドリブセッションするという、すさまじい動画を見て興奮していたものです。

 

しかし、

アドリブセッションなんてプロじゃないとできないよ!

アドリブは高尚なギタリストしか出来ない!

と思っていた私に、その友人が

 

「こうた!! ''ペンタトニック''とかいうやつ使ったら、アドリブできるらしいよ!」

 

......という衝撃的な一言を放ったのです!

 

 

よくよく彼に聞くと、ペンタトニックスケールという

指板上の特定の場所を押えれば、楽曲にそれらしく合わせれられる法則があるとの事!

「やっぱアドリブには、こんな裏ワザがあったんや! プロの勘で弾きよったわけやないんや!」

....と感動したのを覚えています。

 

しかし、当時音楽お友達は彼しかおらず(笑)

どこを押えて、どう使えばいいのかまでは分からず、

ひたすらネットや本でペンタトニックスケールの使い方について調べ、独学で身に着けていきました。

 

 

「ぺんたとにっくすけーる?」って何したらいいの?

 

まず私と同様で

「'ぺんたとにっくすけーる'を使うって何したらいいの?」っていう方も

おられるかと思います。

 

とりあえず使い方を率直に言うと、

初めのうちは,,,,,,,

 

「曲のkeyに合う''メジャーペンタトニックスケール''を押えて弾けばいいんです!」

 

............!!?!?!?

 

 

つべこべ言わず、早速実践してみましょう!!!!(笑)

ではまず、[keyC]の曲をかけながら、、、

っていきなり[keyC]の曲と言われても分からんわい!ってなると思うので、

とりあえず「The Beatls」「Let it be」を流しながら

下表の丸印の位置を押えて、曲に合わせて、合いの手入れるような感覚で適当に弾いてみて下さい♪

(ミュージックスタート!  ♪~~~♪~♪~~♪♪~~)

 

 

なんとなーく。なんとな~~く曲と合いませんか??

 

次は小節の終りに赤印(ルート音)を弾くように弾いてみて下さい。

 

(ミュージックスタート!  ♪~~~♪~♪~~♪♪~~)

 

どうでしょう?

なんとなく「ビートルズの一員」なれた気持ちになりませんか?笑

 

この感覚が「ペンタトニックスケール使い」の最初なんです。

 

始めは演歌や民謡みたいになりますが(笑)

それが日本人らしさというものです(笑)

のちに、チョーキングとかスライドを使えば、だんだんそれっぽくなりますよ(笑)

 

ちなみに、上記の表以外にCメジャーペンタトニックスケール

指板の上から下まであるので、後程紹介します。

 

 

なぜペンタトニックスケールがアドリブに向いているのか

 

そもそもなぜ、ペンタトニックスケールを弾けば、アドリブできやすいのか。

不思議ですよね~~...

私も気になって、一応勉強したので、うんちくを語りたいと思います。(面倒な方は優しくスクロールを♪笑)

 

メジャーペンタトニックスケールとは

メジャースケール「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」という[7音]の中の

「ド レ ミ ソ ラ」[5音]だけを使っています。

 

人は何かの曲に適当に歌って合わせる時、この[5音]を使っていることが多いとのこと

1オクターブの音階は全部で12音あって、12音全部を使って即興で適当に歌うのは、非常に難しいのです。

 

その理由からか、歌を歌えるようになり始めた子供の頃、簡単な童謡や歌を歌ってきましたが、

あれらの曲のほとんどが[5音]できています

簡単な使いやすい音程を使うからこそ即興に向いているのかと、

 

そして  なぜ、メジャーペンタトニックスケールの[5音]は

「ド レ ミ ソ ラ」なのかといいますと、

 

メジャースケール「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」にある[7音]の中で

[ミ・ファ] [シ・ド]の音の感覚は'半音'です。

メジャーペンタトニックスケールは、この半音関係の[ファ(4度)][シ(7度)]を抜いています。

 

半音関係の音を抜いている理由として、

音程は'全音違う'より、'半音違う'と、ものすごく間違って聞こえてしまいます(汗)

'全音違い'なら、なんとなく雰囲気をごまかせるのですが、

'半音違い'は、うわ!やっちゃった!って音がでます(笑)

 

故にメジャーペンタトニックスケールは、初めから半音を使わないようにしている

なんとなく合わせやすいのでしょう。

 

これらがアドリブに向いているという理由の一つなのです。

 

 

メジャーペンタトニック表

 

さて先ほど、ご紹介するとお約束した

Cメジャーペンタトニックの表です。(赤印はルート音)

 

 

初めてこの表を見たとき、こんな表覚えられない....

と愕然としました(笑)

 

なので

私なりの覚え方のコツとして、

5つのブロックに分けて覚えると覚えやすかったです。

 

例えば、

 

・2f~6Fのブロック

 

・5f~9fのブロック

 

・7f~11Fのブロック

 

・9f~14fのブロック

 

・12f~16Fのブロック

 

このように、5つのブロックごとで弾き

形を覚えていくと、覚えやすかったです。

 

ちなみに、この5つのブロックごとには、コードの[A G F D C]コードフォームがこっそり含まれています!!

このコードフォームをイメージすると、より覚えやすいです。

コードフォームとスケールの関係は、いつかご紹介しますね♪

 

あと、今回の表はCメジャーペンタトニックスケールでしたが、

実は他のKeyの場合では、押える場所が変わってしまうんです!(汗)

「そんなの、全部覚えるとか絶対無理やん!」ってなったと思いますが、

ギターの素晴らしい所は、

ピアノと違って、同じ形のまま横移動すればいいだけなんです!

こちらも、詳しくはいつかご紹介いたします♪

 

 

まとめ

 

ペンタトニックスケールという即興魔法を手に入れて以来、

ギターの楽しさが500倍くらいに増しました(笑)

アドリブソロが出来るってこんなに楽しいのかと!

 

それまでは覚えたギターソロやフレーズをそのまま弾くだけだったのが

好きに弾けるようになったので、作曲したり、自分のフレーズを作りたくなります。

 

始めは覚えるのに少し苦労があるかもしれませんが

「ギターが絶対もっと面白くなる!!」

ので、少しずつ覚えてみてはいかがでしょうか?

 

皆さんもぜひ試してみて下さい!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

ギター&ライフスタイルLessonのご案内。

毎日を精一杯にこなす事しか出来ず、楽しいことが見つからない、見つけられない。
乾いた暮らしになっている。
今の現状の生きかたを変えたいけど、どうしていいのか分からない。

そんなあなたに、ギターを通して、新しいライフスタイルへと導く
オンラインorリアル対面の特別なギターレッスン

House526 ギター&ライフスタイル Lesson

をご用意致しました。

ギターが上達するだけではない、その先にあるライフスタイルの向上を目指すレッスンです。
ギターを弾く事を通して、自分時間や充実感を手にし、豊かな生き方を手に入れましょう。

House526 ギター&ライフスタイル Lesson のご案内はコチラ♪

 

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

勇気を出して挑戦する

Snow Peak コンボダッチDuo購入

本当に好きな事をしたいか試される

ギターとの一体感とは? ピック弾きと指弾きのメリット・デメリ...

理想の暮らし

整理整頓とギター