色々な顔を持ってみる。

皆さんは、いくつ顔を持っていますか?

会社員の顔、お父さんの顔、息子の顔
ボランティアのおじさんの顔

などなど、人はそれぞれ色々な顔を持っていると思います。

決して1つではないはずです。

僕の事で一例をあげると

僕は会社員をしていますが、同時にコーヒー屋さんもしています。

会社員の顔もあれば、コーヒー屋さんの顔もある。
時にはギタリストやミュージシャン、家具職人の顔も持ちます。

色々な顔があるからこそ、気持ちの切り替えが上手になる気がします。

僕は、週末に仲良くさせてもらっているコーヒー屋さんの店番をしたり
自ら、イベントに出向いてコーヒーを出店したり
豆を焙煎し、ネット販売をしています。

会社員をしながら、家族との時間を持ちながらでも、これくらいは出来るのです。

僕自身、会社で嫌な気持ちになったり、少し憂鬱にもなったりします。

きっと、同じように、会社が嫌だって思う人は多いんじゃないでしょうか?

これはあくまで僕の見解なのですが
その理由は

「ここ(会社員)しか自分の存在を示せる居場所がない。この場所を失ったら終わりだ。ここでの評価を失えば、自分は終わる。」

という、執着や恐れからくる悩みのような気がします。

上司やお客さんの評価が気になる。
会社の人から、嫌われたら終わりだ。居場所がなくなる。
ここで認められないと、自分は誰からも認められず孤独になる。

みたいな思考は、執着や恐れだと思うのです。

その執着や恐れのせいで
気持ちが切り替えられず、ズルズルと嫌なモードを引きずってしまう。
事になるのかなと思うのです。

だからこそ、いくつも顔を持つことが大事。

僕はコーヒー屋さんやギタリストの顔を持つ事で
会社以外の人とも多く関わっているし、収入も得ています。

気持ち的に孤独感や閉塞感がありません。
ちゃんと認めて貰えている気がしているし、仲間のいる感覚があります。
少しずつですが、自分で自分を認めてあげられるようにもなっています。

だから、会社に対しても、そこまで執着しないで済んでいるのです。

確かに時間的比率は会社の方が大きいです。
でも、気持ち的比率を会社以外に向けることはできます。

会社員は毎日、同じ場所、同じ人達と働いているから
そのルーティーンから抜け出しずらい。

だから、週末だけでも、別の顔を持って活動する。
僕の場合だとコーヒー屋さんをやったり曲を作ったりしながら好きな活動をすれば、会社という存在から認められないと!と思う執着は薄れていく気はしています。

会社員だけの顔しかないから、自分で自分を追い込み、自分でブラック企業にしている。

そうならない為にも、色々な顔を持つって大事だなと思います。

まあ、何より
日々の生活と違う活動をする事で、気分転換にもなり
日常にもっと刺激が入るし、自分の大事だった気持ちを思い出しやすくなります。

多くの顔を持って、もっと視野の広い生き方を出来るようになれると楽しそうですね。

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

減らす事から始まった

おもいきって昼寝は大事

早起きが苦手な人必見。おすすめアラーム音。

不安な時の対処法は、簡単な方法で解決できる

パワースポットに行かなくても良い理由

出会うべくして出会う