ライブでは常に自分軸を保つべし。

こんにちは。

プロギタリストのこうたです。

みなさま、ライブはしてますでしょうか?

ライブって緊張しますよね。
緊張のせいで、普段の力を出しずらかったり

そんな方へ、お伝えしたい事があります。

「ライブでは常に自分軸を保つべし」

です。

かくいう僕も、ライブは緊張するタイプです。

一人で、弾き語りでステージに立つ事が多いのですが

そりゃもう緊張しますよね。

チューニングしてるだけでも、プルプルしちゃいそうなくらい。

同じ様に緊張する方もいると思います。

では、なぜ緊張するのでしょう??

今回、”緊張”というキーワードを深掘りしてみたいと思います。

緊張の深掘り

緊張するには、何かしらの理由があるはず。

ただ漠然と毎回緊張していて、毎回本番うまくいかないと
進歩がありません。

ミュージシャンは楽器だけ、歌だけ練習すればいいってもんじゃありません。
心のあり方で、楽曲が左右されるミュージシャンだからこそ
こういったマインドもしっかり身につけておく必要があります。

という訳で、ちゃんと緊張を深掘りしてみたいと思います。

”緊張”という言葉の中には、マイナス面とプラス面が存在します。

一見マイナスに捉えられがちですが、両面見る事が大事です。

まずはプラス面。

緊張するということは、それだけ本気になっている証拠。
本気を出そうとアドレナリンを出している証拠なのです。

それだけ、普段と違う状態になれている。
力を出そうとしているから。

だから緊張する。

逆に緊張するから、本番でいい音楽が奏でられる。

では次にマイナス面。

いくつかご質問しますので、一緒に考えてみてください。

なぜ緊張に良くないレッテルを張るのでしょうか?
緊張して良くないことってなんでしょうか?

まずはこの二点を考えてみてください。

いかかでしょうか?

僕の考えなのですが、緊張するということは失敗したくないということ。
成功させたいということ。

じゃあなぜ失敗したくないのか?

せっかく練習したものをうまく伝えられないから?
下手くそだってバカにされそうだから?
間違えたら恥ずかしいから?
相手にされなさそうで怖いから?

こういった感じで

”緊張→失敗したくない→バカにされそうだから”

という風に、矢印に「なぜ」という単語を入れて
本当の理由を具体的に探っていきます。

そして、たどり着いた先に
どんな価値観があるのか見てみます。

この例だと、バカにされそうだから失敗したくない。

ですね。

しかし、これって他人軸なんです。

人に良く思われたい。
上手と言われたい。
凄いねと褒められたい。

から、こういう考え方をするのです。

しかし、それは真実でしょうか?

失敗したら一切褒められませんか?
上手に演奏できたら必ず褒められますか?

他人がどう考えているか分からない。
コントロールできない。
お客さんがどう考えているかは絶対わからない。

つまらなさそうにしてても、本当は感動しているかもしれないし
手拍子してるけど、本当はさっさと帰りたいと思っているかもしれない。

どう考えているかは分からないんです。

なので、他人軸で物事を考える事ほど、ライブ中は無駄です。

他人軸になればなるほど、緊張は増します。集中力も削がれます。

ライブ中は自分軸に

という訳で、他人軸になればなるほど、思考は悪循環になってきます。

他人が考えていることは、絶対に自分が変える事なんでできません。

じゃあ、自分はどうすればいいのか?
それだけを考える。

ライブ中だと、お客さんがどんな反応をするか?というよりも

自分がしっかりこの曲を最大限に表現できているのかどうかを考える。

この曲のこの時に、ギターのニュアンスは強めとか

歌い手だと、歌詞の持つ、曲の持つ意味を
精一杯表現する。

こうして、常に常に、自分に自分に集中を傾けていく。

そうする事で、いつの間にか緊張という事を忘れて

自分らしく、最大限に表現しよう!

と、軸が自分に戻っていきます。

もちろん、すぐに自分軸になったりなんてできません。
他人の目や評価は気になります。

でも、それでも、自分軸に戻すことを意識していけば
ライブ中に失敗した時だって、持ち返していく事が出来やすくなります。

今まで、ライブに極度に緊張しかしなかったのが
楽しくなったりします。

今他人軸かな?
今自分軸かな?

という事を日々、考えていけば
おのずと、もっとライブが楽しくなれます。

ギター&ライフスタイルLessonのご案内。

毎日を精一杯にこなす事しか出来ず、楽しいことが見つからない、見つけられない。
乾いた暮らしになっている。
今の現状の生きかたを変えたいけど、どうしていいのか分からない。

そんなあなたに、ギターを通して、新しいライフスタイルへと導く
オンラインorリアル対面の特別なギターレッスン

House526 ギター&ライフスタイル Lesson

をご用意致しました。

ギターが上達するだけではない、その先にあるライフスタイルの向上を目指すレッスンです。
ギターを弾く事を通して、自分時間や充実感を手にし、豊かな生き方を手に入れましょう。

House526 ギター&ライフスタイル Lesson のご案内はコチラ♪

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

毎日の中に、好きな事をする時間を少しでも設ける事が暮らしをガ...

汚い部屋でギターを練習するな。

ギターが続けられる理由

クリスマスプレゼントは何にしようか?

音楽を爆音で聴く効果。

左手が小さいギタリストのオススメ奏法(動画付き)