ダッチオーブン・スキレット鍋の弱点と対策

キャンプで定番の調理器具ダッチオーブンとスキレット鍋

最近では、家庭やカフェでもよく使われていますね。

 

厚手で鋳鉄のダッチオーブンやスキレット鍋は火の通りも良く蓄熱性も高い為

料理が一層おいしく作れる

作った料理をそのままテーブルに出しても絵になる事から

最近は家庭料理でも多く使用され

製品自体も、アウトドアショップしか売っていなかったのが

普通の家庭用調理器具売り場でもよく目にするようになりました。

 

しかし、このダッチオーブン&スキレット鍋には「ある弱点」があります。

キャンプ好きな人は当たり前に知っている事なのですが

家庭用調理販売コーナー等で売られているスキレット鍋には

この「弱点」に対する注意書きが、あまり詳しく書かれてない事が多いのです。

なので

・流行っているから使ってみよう

・カフェの雰囲気が出そうだから使ってみよう

という、良い面ばかりを見て

「弱点」を知らず、購入して、結局使わなくなって、失敗している人がいる気がしたので

「弱点」とその対策についてまとめました。

今から購入を検討される方は、ぜひ読んで頂きたいです。

 


1.ダッチオーブン・スキレット鍋の弱点

 

ダッチオーブン・スキレット鍋の材質は「鋳鉄」でできています。

アルミやステンレスの物もありますが、市販で出ているのは「鋳鉄」がほとんどです。

この鋳鉄という材質は

・錆びやすい

・割れやすい

という2大弱点があります。

 

なので、ダッチ&スキレットを初めて使うとき、また使用後は

毎回シーズニングという作業が必要になってきます。

 

この、「鋳鉄」という材質は炭素分が多く、鉄よりもカッチカチです!

つまり衝撃に弱く割れやすい。

また、急な温度変化にも弱く

アツアツのダッチ&スキレットに水をかけると割れる可能性があります。

 

また、普通のフライパンのようにコーティングしたり

耐熱塗装を施していないので、

手入れを怠ると、錆び錆びになってしまします。

 

という訳で、ダッチオーブン&スキレット鍋には

確実な手入れが必要です。

 

手入れも2種類あって

使い始めの手入れと

使い終わりの手入れがあります。

 

今回は使い始めのシーズニングという作業についてご説明致します。

 


2.使い始めのシーズニング作業

 

ダッチ&スキレット購入後、使用する前にはまず、

シーズニングという儀式を行わなければいけません(笑)

このシーズニングとは、

出荷前のダッチ&スキレットにはサビ止めワックスがしてある為

それを洗剤で洗い流し、新たに、油でコーティングしていく儀式です。

 

ただし、初めのシーズニングをしなくても使えるダッチ&スキレットもありますので

その辺りはメーカーによりけりです♪

購入の際はシーズニングフリーかどうかを店員さんに聞いてみるといいです。

 

では、使い始めのシーズニング儀式を順を追って説明していきます。

 

1.ダッチ&スキレットでお湯を沸かし、冷めたら亀の子たわしこすり、ワックスを落とす

※金属たわしとクレンザーは使用しないこと。傷が入ります。傷からサビの原因になります。

 

2.空焼きして水分をしっかり飛ばす

 

3.オリーブオイルをダッチ&スキレット全体になじませる。蓋の表も裏も少しの隙間にも。キッチンペーパーまたは、柔らかい布などを使用する(火傷注意!)

※お箸などを使うと安全でやりやすいです。

 

4.ダッチ&スキレットを強火で熱し、オイルを焼付ける。バーナーで直接炙るのもOK。

 

5.3~4の工程を3回ほど繰り返す。

※根気との勝負です。

6.クズ野菜(できれば香味野菜)をオリーブオイルで炒める。

※そんなに都合よくクズ野菜なんて出てきませんので(笑)普段から野菜の切り端はストックしておいてください

 

7.鍋が冷めたら全体にオリーブオイルを薄くなじませる

 

8.ケースに新聞紙などを入れ、湿気を吸い取る対策をし収納する。本体と蓋の間にも新聞紙またはキッチンペーパーを挟み、密閉状態にならないようにする。

 

 

....とっても時間かかるし、面倒ですが、手をかけた分愛着が湧きます(笑)

 

ただ、やはり初めてダッチオーブン&スキレットを使いたいのに、

この作業があるとかなり面倒だと思うので、

初めは、

シーズニングフリーの製品を購入する事をオススメします!←あれだけ説明したくせに....(笑)


3.まとめ

 

今回はダッチオーブンの弱点と初回使用時に必要な

シーズニング作業についてご説明いたしました。

ダッチオーブン&スキレットは、カッコよくてオシャレで万能な鍋ですが

このような「弱点」もあります。

しかし、弱点と付き合い、弱点も好きになり付き合っていく

より道具に愛着が湧き、料理も楽しくなると思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

本気で幸せになりたくて行動している集まり

理想の暮らし

「間」が大事

減らす事から始まった

30歳になりました

不調回復に山登り