ブッシュクラフトというCamp Style

最近友人からブッシュクラフトという
キャンプスタイルが熱いという話を聞き

調べれば調べるほど、
私の思うキャンプスタイルはまさにこれだ!
と思う内容で、知れば知る程
ますます、ワクワクしております!!

早く、皆でブッシュクラフトキャンプがしてみたいです!!!

新しい目標ができました!


では、そんなキャンプ大好きの私をワクワクさせる
ブッシュクラフトとは一体どんなものなのか

 

簡単にご説明から

Wikipedia参照

ブッシュクラフト(英語:Bushcraft)とは、
森林等の自然環境の中における『生活の知恵』の総称であり、
その行為や技術をそう呼ぶ。 相対的な区別として、サバイバルは『帰還』を目的とし、
ブッシュクラフトは『生活』を目的としている。

 

つまり
キャンプにおける道具を最小限に減らし
現地にある自然の物を工夫して利用し
キャンプする。

なんだかちょっと、サバイバル的な感じはありますが
サバイバルは「生存」を目的としていて
ブッシュクラフトは「生活」を目的とするので
ちょっと違うんです♪

自然を最大限に工夫し楽しむ感覚でしょうか?

 

現在、アウトドアが盛んになってきて
様々なキャンプ用品、アウトドアアイテムが増えています。

本当に便利な道具、カッコいい道具もたくさん増えて
それらの道具を多用すれば
野外でもかなり快適に過ごせます

確かに、これら便利な道具はありがたいです!

 

ただ、便利さを求めるあまり
道具に頼り過ぎて

本来のキャンプの目的である

「自然の中で生きる」

という活動を見失ってしまっているような
気がしていたのです

 

そこで!
私が最近気になっているブッシュクラフトというキャンプスタイルは

道具ばかりに頼らず
「先人の知恵や技術」を学び
少ない道具を駆使する事で
自らのアウトドアスキルを上げ
より楽しく自然の中で生きる

 

具体例として

焚火を起こす時は
着火剤、チャッカマン、ライター等は使わず

フェザースティックという
着火木をナイフを駆使して作り
ファイアースターター(火打ち石)
で着火し、焚火を起こす

勿論焚火の木も現地調達

椅子やテーブルは
自然にある枝を斧やナタ、ナイフを駆使しその場で作る

上級者になれば、枝や葉っぱを使い寝床を作る
(レベル高すぎw)

という事をします。

 

なんだか考えるだけで
小さい頃、森に秘密基地を作っていた時のような感覚の
ワクワク感が蘇ってきますね♪

 

道具に頼らず
道具がある事を当たり前とせず
自然に対し丁寧に生きてみる

現代の水道、ガス、電気がある便利な生活の
当たり前がない状況で、工夫し、生活し
当たり前の暮らしのありがたさを知る

そして、自分自信のスキルを上げ
スキルが上がっていく過程を楽しむ

そんな要素を
ブッシュクラフトは含んでいるのです。

便利な世の中で失った不便さを取り戻してみて
自らの生き方を見直していく

少し大袈裟かもしれませんが

ブッシュクラフトを学んでいけば
きっと人としての器も大きくなるのでは?とも思います♪


という訳で
ブッシュクラフトについて少し語ってみましたが

こうして生活できるものが何もない森の中から
生活できるものを生み出していく、
作り出していくことって凄いことだし
何よりもその場で自由にスタイルを決めるっていうところがとても楽しそう。

.........とにかく!
大人になっても
子供のようにワクワク出来る気持ちが嬉しいんですよ!!!

大人になるとどうしても子供のようにワクワクする事が少なくなってきます…

 

だからこそ!大人になった今だからこそ!
子供のようにワクワクできる気持ちを大事にして
それに気づいてあげる感覚も大事していきたです

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

無料メルマガ ~Natural Harmony Lifestyle Letter~


心の声をしっかり聞いて、望む暮らしを手に入れるにはどうすればいいのか。
日々丁寧な暮らしと調和した心を持つにはどうすればいいのか。

そんな悩みを解決する考え方をお届け中。

Natural Harmony Lifestyle Letterを受け取る

Related Entry

コツコツタイプと思いつきタイプ

ヤマメの塩焼き

不便さの中の愉しさ

マイルールを見つける

デイキャンプ(日帰りキャンプ)に必要な道具

仕事休んで 宝満山 山泊

他人の価値観を気にしないコツ